新規のローンは組めない

ジャッジガベル

新たに借金することを防ぐ

借金が膨らむと債務整理を行うことで解決が可能で、その中でも任意整理はリスクが少ない方法として知られています。任意整理はあくまでも現時点の債務額を減らす効果はありますが、自己破産のように返済義務を帳消しにするわけではありません。手続きが成立した後も残された借金は返済を続ける必要があります。誰でも利用できる方法ではなく、一定の継続的な収入を得ている人が行える手続きです。自分が任意整理を行えるかどうかは、自己判断することなく、プロの弁護士のカウンセリングを受けましょう。法律事務所では初回相談を無料で行っているところも多いので、任意整理が可能かどうかの判断をしてもらえます。また、減額した借金を返済している途中で、新たに債務を重ねてしまう可能性もあります。ブラックリストに名前が記載されるために、金融業者からの融資を受けることはできません。しかし、借金が減ったために気持ちが楽になって、再び友達や家族からお金を借りていては、いつまでも借金を完済できません。任意整理だけではなく、債務整理は何度も行える方法ではないので、手数料が成立した後の生活で気を引き締めることが重要です。ブラックリストに登録されているために、大学に進学したいときにマイカーローンを利用することもできませんし、住宅を買いたくても住宅ローンは組めません。新規に日常生活のためにローンを組みたいと思っても審査に通りませんので、様々な借り入れができなくなることを覚悟して手続きを行うことが大事です。