借金問題を解決する

弁護士

話合いによる方法もある

債務整理には、大きく4つの方法があります。具体的には、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産が該当し、このうち、任意整理のみが裁判所を活用しない用法になります。借金額によるものの、任意整理は真っ先に検討する方法です。あくまでも話合いにより決着を図る方法になり、借入件数が少ない場合や資料が揃っている場合などでは自分でも行うこともできます。一方、進めるには債権者との話合いが必要になり、よりスムースに進めるには、弁護士や司法書士などの法律専門家への依頼があります。任意整理は、かつては元本のカットまで要求するケースもありましたが、現在では利息引き直しや過払い金清算を中心として行われています。概ね、5年を目途に返済可能かどうかがポイントになり、少額債務の整理方法として広く利用されています。任意整理の最大のメリットは返済の負担額を少なくできることがあり、弁護士等に依頼をすれば、さらにメリットが拡がります。具体的には債権者からの請求・取立てがストップします。手続き中は返済も中止することができ、その分、お金を貯めておくことも可能になります。あまり利用されないものの、例えば、保証人付きや奨学金、オートローンで所有権留保があるなど理由があれば一部債権者を除外して行うことも可能です。任意整理には難点もあります。まず、弁護士等に依頼をした場合にはほとんどの業者が話合いに応じます。一方、自分で行った場合には相手が納得しないことも多く、結果として解決が遅れることになります。2つには個人情報機関があり、登録されることで、以後、ローンやクレジットを利用することができません。注意が必要なのは新たな取決めを履行できないケースがあり、この場合、一般的には裁判へと移行し一括請求の判決が下されます。