家や車を失わない方法

天秤

債務額を減らす

任意整理は借金が増えたり、返済が難しくなったときに使用する債務整理の1つです。債務整理では自己破産などの方法もありますが、住宅や自動車などの資産を失うデメリットがあります。一方、任意整理は資産を保有した状態で借金問題を解決できる点が特徴です。そのために手続きを開始したからといって、住宅や車が没収されることはありません。また、他の債務整理の手続きとは異なり、裁判所を経由しません。従って、債務者個人で行うことが難しい方法で、個人で行おうとした場合には金融業者が相手にしてくれないことが予想できます。金融業者に所属するスタッフはプロですが、債務者は法律の素人ですので個人間の交渉では不利になります。一般的に任意整理をするには弁護士に依頼することが普通で、債務者の代理人として金融業者と交渉します。任意整理は過去の業者から融資を受けた取引の中で、支払い過ぎている金額があるかを調べます。過払い金が発生していないケースでは任意整理を行うことはできないので、まずは弁護士に相談して金融業者に情報を開示してもらうところから始めます。弁護士が情報の開示請求を行えば、業者は従いますので、過去の取引内容を確認できます。過払い金が生じていれば払いすぎている金額を債務額に充当することで、現在抱えている借金額を減額します。過払い金の額が借金額を上回っていれば、それ以上返済をしなくても済みます。借金額が残ったときには、3年ほどの期間をかけて継続して返済します。